国際ロータリー第2620地区静岡第5グループ「浜松ハーモニーロータリークラブ」
浜松ハーモニーロータリークラブ
TEL: 053-413-1782
例会時間:毎週水曜日19:30~20:30
住所:〒432-8507 浜松市東伊場1-3-1 グランドホテル浜松

2020-21年度会長挨拶

2020-21年度会長 山口勝義

浜松ハーモニーロータリークラブは安間みち子ガバナー在籍クラブとしての役割を終え、多くの経験を財産として、新たな時代に向かってスタートを切ります。
社会全体においても新たな生き方・生活様式を模索する流れの中、会長を仰せ付かったこの機会は、自身にとって意味深い巡り合わせなのだと決意を新たにしています。
ホルガー・クナーク国際ロータリー会長は2020-21年度RIテーマ「ロータリーは機会の扉を開く:Rotary Opens Opportunities」を発表されました。ロータリーとは、 クラブに入会するというだけでなく、 無限の機会への招待であり、 ポリオ根絶のように大規模で歴史的なプロジェクトから地域社会でのささやかなプロジェクトや一本の植樹まで、 奉仕する機会への扉を開いてくれます。私たちの中核的価値観を基に世界中の友人たちと共に、より豊かで意義ある人生への機会の扉を開いてくれます。そしてその機会はいつでもどこにでもあります。「友情と人脈づくりの機会、 社会貢献の機会、 話し合いの機会、 自分自身の機会、 ネットワークを強化する機会、 創造する機会、 成果を見る機会等々、 全ての機会への扉を、勇気を持って今こそ開く時である。」と述べています。

そしてこのRIテーマの下、荻原英生ガバナーより、地区運営方針、地区目標が発表され、「ロータリーの心と本質を理解しよう、ビジョンを掲げて導こう、若い世代によるロータリーへの参加を考えよう、革新的なクラブのモデルを考えよう、世界でよいことをしよう、財団のインパクトを高めよう、クラプでの役割と財務的役割を理解しよう、前向きで安全な文化をつくろう、ロータリーを成長させ、 ロータリーを推進しよう、適応力を身につけて変化を恐れず導こう」とのメッセージとともにクラブ戦略計画とRLIの運用・推進を示されました。

当クラブが築き上げてきた事業の承継と本年度のテーマを反映させたクラブ運営を目指して、今年度の当クラブ事業を次の通り行ってまいります。
1)青色回転灯防犯パトロール事業(継続12年目)
2)視覚障がい者映画鑑賞事業(継続11年目)
3)ムンド・デ・アレグリア校奨学事業(継続7年目、地区補助金活用事業)
4)複数クラブ合同奉仕事業
5)グループ全体事業「天浜線 人と時代をつなぐ花のリレープロジェクト」
6)クラブ戦略計画の運用と見直しを目指した戦略計画委員会の設置
3つの継続奉仕事業を柱にして、浜松ハーモニーロータリークラブらしさを会員皆で考え、中期的課題として取り組み、共有することで「One Harmony」「調和と一体感のある個性輝く魅力あるクラブ」を目指します。

また、親睦や事業を通じて、仲間同士で楽しく時を過ごす機会を大切にしていきます。仲間との交流は人生を豊かにする機会です。私たちをつないでいる根幹について確認し合い、ハーモニーRCらしさを共有したいと思います。皆様のご指導のもと、実りあるクラブ運営に取り組んでまいります。どうぞご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。